本当に効く育毛剤のプロペシア効果とは?

本当に効く育毛剤のプロペシア効果とは?

本当に効く育毛剤のプロペシア効果とは?

本当に効く育毛剤にはプロペシアがあるのを
あなたはご存知ですか?

 

 

 

プロペシアは、今では知らない人がいないくらい薄毛で困っている人に
親しまれている内服用の育毛剤ですよね。

 

しかしここに来ても本当に効く育毛剤であるプロペシアの存在に気づいていない人もいるようなので、プロペシアを簡単に説明したいと思います。

 

 

 

本当に効く育毛剤のプロペシアとは?

 

本当に効く育毛剤と評判のプロペシアは、男性型脱毛症に効果が見られる内服用の育毛剤です。

 

プロペシアに含まれている成分はフィナステリドといわれる男性型脱毛症の原因になっている5αリダクターゼを抑制する効果がある成分です。

 

ひどい薄毛や抜け毛の最大の原因はジヒドロテストステロンという物質ですが、このジヒドロテストステロンを誘発させている物質が5αリダクターゼなんです。

 

ということは、5αリダクターゼが無くなれば薄毛の原因になっているジヒドロテストステロンも出なくなりハゲで悩むこともなくなるわけです。

 

 

 

10年以上前に爆笑問題がコマーシャルしていた「お医者さんに相談だ」はとても有名になりましたよね。

 

10年前だから若い世代の方は見たことないかもしれませんね。
なので動画を載せておきましたので見てくださいね↓

 

※、急に音声が出ますので、あらかじめボリュームを下げて再生してくださいね。

 

 

このコマーシャルで紹介していた薬が本当に効く育毛剤であるプロペシアでした。

 

このコマーシャル以降、病院に駆け込む薄毛の方が増えたのは言うまでもありません。

 

 

 

現在本当に効く育毛剤のプロペシアを手に入れようと思ったならば、病院の
皮膚科などへ行けば処方してもらえます。

 

しかし、普通の病院の皮膚科などでは育毛の専門担当医師がいないため、育毛専門知識が乏しく適切な対応措置ができていないというネックとなっている部分があリます。

 

なので、できれば育毛専門クリニックなどを受診するほうが、
将来の薄毛対策には良いと思われます。

 

 

 

値段を気にしないという方は、育毛効果も一番早いため、一番の短期間でのハゲ治療になるかともわれます。

 

短期間といっても最低1年の期間が必要になってくると思いますけどね。

 

 

もし今のあなたのハゲ症状が50%ぐらいのハゲ率でも、1年もあればほとんど気にならなくなるくらいに回復すると思いますよ。

 

 

全国に展開するおすすめの育毛クリニックはこちらから→

 

都内に一店舗だけでも値段が取りきりやすい育毛クリニック→

 

 

 

よくネットに載っている育毛クリニックなどの口コミで、「値段が高い上に効果もほとんどありませんでした」という体験談がありますが、それらの口コミなどは一昔前の古い情報があるのだと思われます。

 

今のクリニックでは、育毛技術も半端なく進んできており、メディアなどでも盛んに取り上げられるほどの本当にハゲが治るという昨今の育毛クリニックでの最新的育毛技術となっているんです。

 

 

 

値段を気にする人の場合は?

しかし、ハゲの回復度は目に見えるくらいの短期で効果が現れてきますが、今も昔もクリニックの値段はバカ高くて有名です。

 

その病院にもよりますが治療薬だけ見ても1回の受診で最低2万円はすると思われます。

 

最も、もっと安く受診できるクリニックなども上記に説明した通り都内にもありますが、ほとんどの育毛クリニックが高価といえるようです。

 

 

最近のクリニックや通常の皮膚科などでも少し安くなったようですが、10年以上前であれば普通の皮膚科などへ行った時など「診察と治療と薬だけで40,000円前後するよ」と先生にいわれ、あっさりと挫折したという記憶があります^^

 

 

安いプロペシアもあるがデメリットもある?

しかし10年以上経った今では、病院へ行かなくても個人輸入という方法によって本当に効く育毛剤であるプロペシアを安く手に入れることができるようになりました。

 

しかし、それにはデメリットであるリスクも半端なくあるという現状があります。

 

なぜなら、使う場合はすべて自己責任になってしまうからです。

 

 

 

本当に効く育毛剤プロペシアを個人輸入した場合、保険が適用されないんですね。

 

しかし、病院へ行けばプロペシアは保険が適用され、万が一プロペシアを服用していて副作用などが出た場合は保険で治療できます。

 

しかし、個人で輸入して副作用などの病気にかかった場合、病院に行って治療をしてもらっても保険適用外になりバカ高い治療費を請求されてしまいます。

 

 

 

本当に効く育毛剤プロペシアを個人輸入した場合、価格は3分の一ほどで購入することができますが、万が一のことを考えるとおいそれと買える薬でもないんですね。

 

まっ、プロペシアは比較的副作用が出にくい育毛内服薬なので、その心配もあまりないと言えるかもしれませんね。

 

 

わたしがプロペシアを2年近く試した経験でも、巷で言われているような
副作用はほとんど出ませんでした。

 

 

 

プロペシアによる副作用の種類

巷で言われている副作用とは

 

 

  • 肝機能障害
  • 性機能障害
  • 前立腺肥大解消
  • うつ病

 

 

主ではありますがこのような副作用がでると報告されています。

 

 

肝機能障害

 

肝機能障害とは、肝臓の働きが弱るという意味です。

 

 

本当に効く育毛剤のプロペシアや他の薬、アルコール類などもそうですが、これらが体内へ入ると肝臓で解毒チェックされるわけです。

 

体内に入って安全かどうかを判別する機能が備わっていて、もし悪影響を及ぼす可能性があると分かれば有害な物質を無害化しようとはたらだします。

 

そのとき肝臓にとても負担がかかってしまうんですね。

 

 

この状態が長く続くと肝臓の働きが弱まり、体にさまざまな悪影響が出てくるようになってしまいます。

 

 

 

性機能障害

 

プロペシアを飲んで性機能障害がでるという症状には、性欲減退があります。

 

 

この症状は私も経験済みです。

 

本当にやる気がなくなってしまいます。

 

気の多い男性の場合はちょうど良いかもしれませんが、もともと性欲がない男性の場合は飲み続けると一生やる気が起こらないと思います。それくらい精力が減退してきます。

 

でも、精力が無くなったからといってもプロペシアを飲むのを止めればプロペシアの効力もなくなり元に戻るので心配ありません。

 

 

 

前立腺肥大解消

 

この症状も私は経験しました。

 

 

もともと前立腺肥大症で悩んでいた私は、薄毛を治そうとしてプロペシアを飲み始めたわけですが、あれほど日々苦しんでいた肥大症がプロペシアを飲み始めてから2週間過ぎたぐらいから尿の出が良くなりだしたのを今でもハッキリと思えています。

 

本当に効く育毛剤のプロペシアに含まれているフィナステリドはもともと前立腺肥大用として利用されていた経緯もあるため、前立腺肥大症に効果があるのは当然といわば当然なんですが、本当に症状が治った時にはとても有難かったです。

 

 

しかし、プロペシアを飲んで肥大症が治ったからといって喜んでばかりもいられないんですね。

 

じつは、プロペシアを服用して前立腺肥大症が治ったのは表面上だけなんですから。

 

 

健康診断時にプロペシアを服用していると、PSA検査に用いるためのスクリーニング検査といわれる前立腺がんを発見する値が基準値よりも低くなってしまうんです。

 

もしこの時、実際の数値が基準よりも高ければガンの早期発見を遅らせる羽目になってしまうこともありえるのです。

 

 

 

できればプロペシアの服用は、健康診断などの前後は控えておいたほうが良いようです。また、検査医師に使用していることを伝えるなどの対応が好まれます。

 

 

 

 

うつ病

 

本当に効く育毛剤のプロペシアに含まれているフィナステリド成分の働きでホルモンバランスが崩れる原因が生じてきます。

 

うつ病の原因は、主に脳内で働く神経細胞の働きが悪くなることが一番の要因と考えられたいます。

 

 

プロペシアに含まれているフィナステリドには、男性ホルモン中の酵素を阻害するという働きがあります。

 

この働きによって少なからずホルモンバランスがくずれ体内の正常な免疫細胞などが正常な働きができなくなりますが、脳内ではたらく神経伝達物質のステロイドを抑制する作用でうつ病が発祥しやすいといわれています。

 

 

 

本当に効く育毛剤プロペシアの副作用は出にくいといわれている?

AGAを治すのに内服用の薬はいろいろとありますが、そのなかでも取り分けプロペシアは副作用が少ないといわれている薬です。

 

ネット上では、プロペシアがあたかも「恐ろしい副作用があるため使用を控えたほうが良い」などと盛んに掲載していますが、実はミノキシジルが配合されている製品や本当に効く育毛剤プロペシアに含まれているフィナステリドの強力版「デュタステリド」などと比べれば、ほとんど副作用はないといっても良いような内服薬なんです。

 

 

ミノキシジルには血管を拡張させる効果によって、むくみや血圧低下などの深刻な症状がでてきます。

 

また、デュタステリドも前立腺肥大症を治すという働きから、男性ホルモン作用を強く抑えなければ高価がないことから、強い作用を生む成分を使用しなければ効き目が現れないということからフィナステリドのはるか上を行く強さがある薬です。

 

 

それに比べると、プロペシアに含まれているフィナステリドは男性ホルモンを悪玉に変換する5Rリダクターゼという変換酵素を抑制するのみの働きなので、体に与える負荷はほとんどないといっていい作用しかしないです。

 

 

 

もし今、んあなたの薄毛症状がAGAといわれている男性型脱毛症だと思われるならば、間違いなく本当に効く育毛剤プロペシアの処方が一番あっていると思われます。

 

なぜなら、AGA症状は5Rリダクターゼという変換酵素を抑制するのみで抜け毛が減り、さらには抑制されて生えあぐんでいた髪がなくなり、一気に開花するように産毛がでてくるようになるからです。

 

 

その感覚を味わうには、できるだけ早打ちからの摂取が一番効果があるということにもなってしまいます。善は急げということですね。

 

 

プロペシアの詳細はこちらから→

 

 

 

 

トップへ戻る